とみやす歯科クリニック

河内国分駅前の歯科,小児歯科 とみやす歯科クリニック

072-978-8801
〒582-0021 大阪府柏原市国分本町1-1-1
ジョイフル国分3F

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

診療案内

一般的な歯科診療

皆様が歯科に来院される理由の多くが「痛い」「しみる」「腫れてる」「詰め物、被せ物がとれた」「入れ歯が合わない」などではないでしょうか。
これらの治療が『一般的な歯科診療』と言われるものです。

歯科は苦手という方は多いです。
当院では、そんな方にも来て良かった!治療して良かった!と思っていただけるように治療中の緊張や不安を少しでも和らげるように、しっかりとした説明と治療の進め方などをご相談します。
また、治療中の痛みを和らげるために使用する麻酔も痛くて苦手という方も多いので、麻酔の注射をするときにはまず表面麻酔を塗り、注射針も細いものを使用することで極力痛みを抑えるようにしています。


*虫歯の進行
【C1】
歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。
【C2】
エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。
【C3】
象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。
【C4】
虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

 

 

*歯周病
歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。
虫歯と違って痛みはありませんが進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつくなどの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。
【歯周病の原因】
歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。
プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりがあるとも言われています。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。
また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

 

小児歯科

幼少期に痛い経験、不快な経験をされたお子様は、それ以降は歯科に行くことが嫌なものと感じるでしょう。
実際、大人になってからも歯科が苦手な方は、このような経験がある方が多いです。
当院では、そのような事がないように、お口の管理だけでなく恐怖心を抱かせないことを極力心掛けています。
また、お子様が上手に歯科治療を受けられるように、歯科が初めてのお子様には歯科の雰囲気に慣れてもらえるようにブラッシングなどから始めたりしています。
同様に、治療が初めてのお子様には治療に使用する器具に慣れてもらえるように治療練習から始めています。
お子様一人一人のペースに合わせて進めていくので、落ち着いて受診していただけます。
お子様たちが毎回、笑顔で帰って頂けるように心掛けています。

 

予防歯科

毎日、歯磨きをしているのに虫歯や歯周病になってしまう方がおられます。
これは、歯をみがいてるつもりが、きちんと磨けてないのが原因の可能性が高いです。
これまでは虫歯や歯周病で悪くなった部分の治療を行うのが一般的でしたが、これからの歯科治療はどうやってお口全体の健康な状態を維持させるかが重要と考えられており、その考えから生まれたのが『予防歯科』です。
当院の予防歯科では、患者さま一人一人のお口に合った正しいケアや歯の磨き方などをご指導させていただき患者さま自身が上手にできるようになるまでしっかりサポートしていきます。
また、定期的なクリーニングをお勧めさせていただいてます。
ご自身では、どうしても磨きにくいところなどを専用の器具を使用してきれいにしていきます。
こうすることで虫歯や歯周病を未然に防いだり、今以上に悪くならないようにすることができます。